唇はとても乾燥しやすい部位|しっとりぷるぷるをキープするには?

振り袖のかわいい女の子

唇が乾燥すると違和感があったり、何度も唇を舐めてしまうなど嫌なものですよね。いくらリップクリームで保湿をしても治らない唇の乾燥、その原因は間違ったリップケアをしているからかもしれません。唇の皮膚は他の顔の部分と違い薄くて敏感です。

ちょっとクーラをかけすぎたり風に当たっただけでも乾燥を招いてしまいます。また、唇の皮膚には皮脂腺が少ないため、体調の変化や栄養不足などでもすぐに荒れやすくなってしまうので注意が必要です。

唇が乾燥しやすい人の特徴もいくつかあります。唇を無意識に舌で舐めてしまう人がいますが、これは乾燥を悪化させる原因になります。水分が付くと一時的に潤ったように感じますが、唇は皮脂腺が少ないため、水分が蒸発するとさら皮膚がカサついてしまいます。癖で唇を舐めてしまう人は注意しましょう。

乾燥が気になって1日に何度もリップクリームを塗る人も乾燥を酷くしてしまっています。唇はとても敏感な場所なので、何度もリップクリームで摩擦を与えると荒れてしまうので気をつけましょう。

メントール入りのリップクリームはスーッとした爽快感があり、乾燥して荒れた唇に塗ってあげると気持ちが良いし、効いている感じがしますよね。

でも、じつはこのメントール入りのリップクリームが唇の乾燥を悪化させているんです。メントールはスースーとして気持ちが良いですが、乾燥した唇に塗った時にピリッと痛みを感じることはないですか?

メントールは皮膚の薄い唇には刺激が強いため、せっかく保湿のために使用しても、その刺激のせいで唇を痛めてしまっているんです。また、メントール入りのリップクリームは保湿力が弱い場合もあります。そうなると、乾燥が気になるたびに何度もリップクリームを重ね塗りしてしまうことにも繋がってしまいます。

唇の保湿にリップクリームを使うのであれば、ワセリンがおすすめです。ワセリンには美容成分や潤い成分などは一切入っていませんが、保湿力に優れていて、敏感な唇にも優しいのが特徴です。保湿の持続力も高いですよ。

夏になると紫外線による乾燥が気になりますよね。紫外線はビタミンCを破壊してコラーゲンの生成を減らしてしまいます。その結果、肌の水分量が低下してしまい、乾燥に繋がるんです。

これは肌だけではなく唇にも当てはまります。唇も紫外線によって日焼けするんです。夏になると唇の皮膚が剥けやすくなった経験がある人もいると思います。

冬の乾燥しやすい時期だけではなく、夏の紫外線も唇の乾燥を招いてしまうんですね。ですので、夏の日焼け対策として唇も顔や腕などの他の部分と同じようにUVケアが大切です。
リップクリームの中にはUVカットの効果をもつものもたくさんあるので是非使ってみましょう。

また、もしも唇が日焼けしすぎてカサカサになってしまったときは、冷水で冷やしてあげることでさらに乾燥するのを防いでくれます。

冷水で冷した後は、オリーブオイルとはちみつを混ぜ合わせたものでパックしてあげると、日焼けで乾燥した唇をしっかりと保湿してくれますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です