冷え性はお肌にも悪い影響を与える|生姜が劇的な効果を発揮!

冷えている白くま

冷え性に悩む女性は多いですね。冷えはいろんなつらいトラブルを引き起こします。もちろん、お肌にもよくありません。

身体が冷えている時は体内での血液のめぐりが滞っている状態です。体の中で血液が行きわたらないので、身体のあちこちに栄養分を届けることや、老廃物を取り除くことが難しくなります。肩こり、腰痛、生理不順、むくみやすい、便秘や下痢、顔色が悪くなる、手足の冷たさなどいろんな症状を引き起こします。

体内での栄養のめぐりが悪くなり、細胞や内臓の働きが悪くなってしまっているので、代謝が落ちます。その結果、肌の生まれ変わりであるターンオーバーのリズムが崩れて古い角質がたまってしまいます。くすみ、ごわつき、シミになりやすい、ニキビなどが起こりやすい等の結果につながります。

また血液は流れが悪くなると毛細血管を広げてしまいます。目元ではクマを作ることにもつながります。冷えによっておこるトラブルのせいで顔色が悪くなりクマもできやすいとなるととても不健康な表情になってしまいますね。

冷えの原因は体を冷やすこと以外にも、ストレス、下着や洋服による締め付け、バランスの悪い食生活などがあります。毎日の習慣を少し見直すだけでつらい冷えを改善することができます。

薄着を避けて体を温めるようにしましょう。特に下半身の薄着はなるべく避けましょう。

冷たい食べ物や飲み物を控えたり、バランスの悪い食事内容を見直すことも必要です。冷えの改善のために積極的に取りたい栄養素はたくさんあります。たんぱく質は血液を作ったりエネルギーに変わってくれたりします。肉、魚、大豆製品、乳製品などバランスよく食べましょう。

またビタミンEは抗酸化作用が高く血液の流れをよくしてくれます。アーモンド、アボカド、かぼちゃやたらこに多く含まれています。血液のもとになる鉄分も重要です。レバー、海藻、ほうれん草などを意識して取るようにしましょう。ビタミンBは代謝を促したり、ビタミンCは鉄分の吸収に役立ったりして有効です。

お風呂はなるべく湯舟にきちんとつかって、シャワーだけで済ますのはできるだけ止めましょう。

また適度な運動やマッサージで血行をよくすることが冷えの改善につながります。とくにふくらはぎのマッサージは脚の血行の改善に役立ちます。

冷え解消に役立つ食材として古くから親しまれているのが生姜ですね。冷え対策のために生姜を食べるときには生の生姜ではなく、加熱または乾燥させた生姜を使用するようにしましょう。

生の生姜のちょっとぴりっとする成分はジンゲロールと言われる成分で、強い殺菌力や免疫力の向上効果がありますが、冷えの改善にはつながりません。

生姜を加熱するとジンゲロールはショウガオールと言われる物質に変化して身体を温めるパワーを発揮してくれます。加熱した生姜を食べると、胃腸の壁を刺激して血管を広げ、血流をよくしてくれるのです。

身体の奥深くで熱を作り出してくれるので、体を芯から温めてくれます。ショウガオールが体内の血行をよくしてくれるので冷えの改善に役立つというわけです。

摂取量ですが、1日当たり10gを目安に食べるといいでしょう。おろし生姜なら小さじ1杯くらいですね。乾燥させた生姜はとても冷えの改善効果が高いので、たくさん作って毎日の料理や飲み物に使うのもいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です