こうして敏感肌は作られる・・・どうすれば改善するの?

敏感肌は女性の天敵でもあり、赤みやかゆみを感じるのが特徴です。

敏感肌になってしまうと、かいてしまう事によって出来た傷跡から細菌が侵入したり、あるいは敏感肌に合った化粧品を見つけなければならなくなるなどの悪影響を及ぼす心配が出てきます。敏感肌になってしまう原因は様々なものがあり、筆頭として挙げられるのが乾燥で、肌が乾きやすい冬の季節は要注意となります。

敏感肌の女性

また、例え夏場であっても、エアコンの効きすぎや、お風呂上りなどに保湿のためのケアを怠ってしまうなど、敏感肌の原因につながる乾燥要因は季節を問わず様々な日常生活の中に存在しているといえるでしょう。

また、UVケアを始めとする紫外線への対策をしなかった事により、皮膚のバリアが傷付いてしまったり、自分に合わないボディソープやシャンプーを長期に渡って使っていたり、加齢によって顔の表皮が薄くなってきてダメージを受けやすくなっていたり等、他にも数多くの原因が存在します。

敏感肌になってしまうと、化粧品の選び方も気を付けなくてはなりませんが、敏感肌の方に対応した化粧品自体は多種多様な種類があります。とはいっても、中には敏感肌にあまり合わない成分が含まれている化粧品も存在しますので、特に注意する必要があるでしょう。

化粧品を選ぶ際に重視するべき事は、可能な限り低刺激である事と高い保湿能力がある事の2点であり、特に敏感肌は、いかに肌を保湿するかが重要なポイントなので、肌の隅々まで水分を行き渡らせ、長時間の保湿効果を得られる成分が含まれているものを選ぶといいでしょう。

保湿成分として特に優秀なのが、セラミドと呼ばれる成分であり、その中でもヒト型セラミドは保湿に高い効果を発揮して敏感肌を抑制してくれます。他にも、ステアリン酸コレステロール、水素添加大豆レシチン、ヒアルロン酸、コラーゲン、スティンゴ脂質などもオススメですので、化粧品を選ぶ際には、成分表をよく確認して、これらの成分が含まれているものを探すといいでしょう。

敏感肌に特に効果がある成分がビタミン類です。敏感肌に関わらず、美しい肌を維持していくためにはビタミン類は欠かせませんし、傷付いた肌や粘膜を元通りに再生してくれる重要な成分となります。

その中でも肌の再生を促すビタミンAと肌の老化を防止すると同時に、シミを消しコラーゲンの生成も助けてくれるビタミンCは特に摂取する事をオススメします。こういったビタミン類はピーマンやブロッコリー、パセリ、アセロラ、キウイ、いちご、柿、ジャガイモ、サツマイモなどに多く含まれているので、敏感肌の方は日常の食生活に取り入れていくと良いでしょう。

また、逆に敏感肌の方は炭水化物や脂質が多い食べ物には特に注意する必要があります。元々、日本は栄養価と栄養バランスに豊富な和食中心の食文化だったものの、近年はハンバーガーやピザ、フライドチキンなどのファーストフード店が外に出ればすぐに目に入ってくる時代になっています。

普通に食べる分には構わないものの、脂質や炭水化物を多く摂り過ぎると肌荒れや敏感肌のさらなる悪化につながるため、偏食は避けた方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です